法事 お返し

法事のお返しは、お茶や調味料タオルや洗剤などの消耗品が最も一般的です。そのほかには、お菓子などを法事のお返しに添える場合もあります。法事のお返しの金額の目安は、1,500円〜5,000円位が一般的な目安になります。法事のお返しの表書きは、黒白、双銀または黄白の結びきりの水引きに表書きは、「志」または「粗供養」として、姓のみを書き、右上に何回忌かの回忌法要を書きます。法事は故人の供養をする行事のことです。法事は忌日や百か日、命日に行います。法事は故人の命日に行うのが最も良いのですが、いろんな事情で命日に法事をできない場合は、命日以前の日にちに変更して行います。このときの注意点は法事などの仏事は、遅れて行ってはいけないと昔からのしきたりで決っています。最近は仕事や学校などの都合で命日の一番近い日曜日に法事などの仏事を行う方が多いようです。年忌法要は、故人が亡くなられた翌年の同じ月、同じ日のことを祥月命日といい、一周忌の法事を行います。この翌年の満2年目に三回忌の法事を行います。三回忌のあとは、七回忌、十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、この後は五十回忌、百回忌と50年ごとに法事を行いますが、一般的には三十三回忌で切り上げとなることが多いようです。また、法事の服装は初七日から三回忌までは正式な喪服が一般的です。その後の法事は回を重ねるごとに徐々に簡略しても良いですが、主催側はあまり軽い服装にならないように注意しましょう。また法事で近親者や知人を招いたとき供養後の接待をしないときは、引き出物と折り詰めを用意して、法事が終わった後に断りの挨拶を述べるようにします。

法事 服装やマナー

法事の案内状を受け取ったら、出席するのがマナーです。出来るだけ都合をつけて出席するようにしましょう。法事の案内状を受け取ったら、返信用のはがきに必要事項を記入し出来るだけ早く返信しましょう。どうしても法事に出席できない場合は、なるべく早く出席できない理由を電話や手紙でお詫びの言葉を伝えましょう。また、別の日にあらためてお参りさせてもらいましょう。法事に招かれたときの服装は、忌明けまでは基本的に喪服を着用します。男性は黒のスーツに黒のネクタイ、ワイシャツは白、靴と靴下は黒が基本です。女性の場合は黒のワンピースやスーツに黒のストッキング、黒の靴とバックです。三回忌以降は、地味なグレーなどの平服でよい。派手な服装は避けましょう。

スポンサードリンク